ATI News Release

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の話題 (8/20版)

<<   作成日時 : 2008/08/20 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

相┃場┃格┃言┃ アセットアライブ・株式情報 【まぐまぐ無料版】
『遠くのものは避けよ』わからないものには手を出すな、手の合わない銘柄には手を出すなともいう。上場銘柄全てに精通することは不可能だ。あらゆる業種にわたって研究することもなく、自分の得意なジャンルで勝負するのが基本だろう。
証券マンでもない限り、知識を振りかざしても誰も誉めてくれない。知っていることと、投資に勝つことは別の次元の問題だ。わざわざわからないものに手を出して、損した時の後悔は倍以上となる。株式投資に確実がない上に、さらにわからないものに手を出すなどことなど絶対に避けねばならない。ITバブルに乗り遅れた人には、バブル崩壊の痛みもない。知らないことが幸いすることもある。

東証大引け・3日ぶり大幅反落 銀行株など中心にほぼ全面安 NIKKEI NETより
 19 日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに大幅反落。大引けは前日比300円40銭(2.28%)安の1万2865円5銭だった。米住宅公社2社に 対し公的資金注入観測が出て、18日の米株式相場が金融株を中心に大きく下げたため、東京市場でも米国発の金融不安に対する警戒感が再燃した。世界的な景気減速に対する懸念も重しになり、みずほFGなど銀行株のほか新日鉄、トヨタといった主力株など幅広い銘柄が売られ、東証1部の約9割の銘柄が値下がりした。東証株価指数(TOPIX)も3営業日ぶりに反落した。
 朝方下げ幅をじりじりと広げていったことで、動揺した市場参加者がひとまず戻り待ちの売りに動いたとの見方があり、下げ幅は一時380円まで広がり日経平均は1万2780円台まで下げた。きょう中国株が底堅く推移したことから午後に入ってみずほFGなど銀行株を買い戻す動きが出て、やや下げ渋る場面もあったが続かなかった。19日発表の7月の米住宅着工件数、卸売物価指数 (PPI)の結果や米国株の反応を見極めたいとの様子見気分が広がり、安い水準の小動きが続いた。
 日銀はきょうの政策委員会・金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決め、景気判断は「停滞している」に下方修正したが、すでに市場では織り込み済みとの声が多く、材料視する動きは限られた。
 東証1部の売買代金は概算で1兆7012億円、売買高は同15億6813万株だった。値下がり銘柄数は1497、値上がりは171、変わらずは47だった。〔NQN〕  (8/19 15:36)

3日ぶり急反落=環境悪化で全面安〔東京株式〕(19日) 2008年 8月19日(火) 15時26分 Yahoo!Financeより
 【第1部】内外景気の先行き不安に海外株安など外部環境の悪化が重なり、日経平均株価は前日比300円40銭安の1万2865円05銭、東証株価指数(TOPIX)も同28.21ポイント安の1235.54とともに3日ぶり急反落。
 東証1部銘柄の87%が下落し、上昇は9%だった。出来高は15億6813万株、売買代金は1兆7012億円にとどまった。
 業種別株価指数(33業種)はすべての業種が下落した。特にゴム製品、その他製品、鉄鋼、保険業、その他金融業、金属製品の下げが目立った。
 個別銘柄ではブリヂストン、住友ゴムが値を下げ、大日印は軟調。住金、新日鉄も売られた。東京海上、T&DHDが安く、オリックスはさえない。 SUMCO、住生活Gは軟化した。みずほFG、三井住友、三菱UFJの大手銀行株が小緩み、武田は小安い。トヨタ、ホンダの自動車株やソニー、キヤノン、 のハイテク株も下落した。半面、日揮が底堅く、三井化学は小じっかり。GSユアサは強含み。
 【第2部】反落。上毛、ロンシールが軟調に推移し、立飛企業は下落した。半面、オリコが3日続伸した。出来高3301万株。
 【外国株】軒並み安。出来高72万6500株。(続)
低迷脱出の兆候なし〔東京株式〕(19日、続き) 2008年 8月19日(火) 15時26分  Yahoo!Financeより
 米国株安や為替の円高推移を嫌気して金融株や輸出関連株など主力銘柄が軒並み売られ、日経平均は取引開始直後から急ピッチで下落した。ただ、下値のめど とされる1万2750円に近づいた水準では買い戻しの動きもみられて下げ渋った。指数先物への売り圧力が弱まった後場には、「手掛かり難で身動きがとれな い」(大手証券)状況に陥り、上下50円弱という狭いレンジでの安値もみ合いが続いた。
 日銀が景気判断を「停滞」に下方修正したように、国内の景況感は不透明感を一段と増している。米国の金融システム不安も再燃し、「マクロ環境 が改善する兆しはうかがえない」(別の大手証券)。需給改善の兆候もみられず、市場では「さえない展開から抜け出すきっかけがつかめない」(中堅証券)と 先行き不安が高まっている。(了)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東京株式 市場 今日 株価の情報
今日の話題 (8/20版)... 東証大引け・3日ぶり大幅反落 銀行株など中心にほぼ全面安 NIKKEI NETより 19 日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに大幅反落。大引けは前日比300... ...続きを見る
東京株価市場に関する情報収集
2008/08/22 19:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の話題 (8/20版) ATI News Release/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる