ATI News Release

アクセスカウンタ

zoom RSS 今週の株式展望 (8/31版)

<<   作成日時 : 2008/08/31 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

強もちあい、環境は完全に楽観できず上値限定的=来週の東京株式市場 2008年 08月 29日 17:03 JST  Yahoo!Financeより
 [東京 29日 ロイター] 来週の東京株式市場は、強もちあいが想定されている。原油価格の下落や政府が実施する総合経済対策などから下値不安が薄れ、相場は底堅くなるとの見方が広がってきた。しかし、米国の金融不安など環境面は完全に楽観でききないうえ、米雇用統計などイベント控えに伴う見送り気分の支配、ラマダンによるオイルマネーの動き鈍化が観測されることなどから、引き続き商いは盛り上がりを欠く状態が続くとみられ、上値も限定的とみる関係者が多い。
 来週の日経平均株価の予想レンジは、1万2900円─1万3350円。
<不安感薄れ株価の下落リスクは後退>
 週末の東京株式市場は日経平均が300円を超す上昇となり、底入れムードを強める動きとなった。市場では「米国の金融問題が小康状態を保っている上、原油価格の下落で景気後退懸念が後退。為替相場も落ち着いているため、打診買いを誘う状況になった」(丸三証券・専務の水野善四郎氏)との声も出ている。
 政府の総合経済対策については、即効性も含めてその内容がマーケットに与える効果について見方が分かれるが「中小企業への新たな信用保証制度の導入など、流動性を高める期待を抱かせる項目もあるなど、少なくとも売り材料にならない」(大和総研・チーフテクニカルアナリストの木野内栄治氏)という。環境面は改善しているため、再び大きく下値をたたくとの懸念が薄れつつある。
 <ボリューム膨らまず上値は限定的>
 そうした中、このまま相場全般が上値を追うか否かは「細っているマーケットのボリュームがいかに改善するかがポイントになる」(日興コーディアル証券・エクイティ部部長の西広市氏)という。
 市場では「売る雰囲気がなくなってきたのは確かだが、積極的に買う材料も乏しい状態だ。日米ともに景気の先行きに対して楽観できる状態にはなっておらず、その点から投資家のマインドが盛り上がるとは思えない」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が出ているほか「日経平均で1万3000円を超すと戻り売りが多く動きが重くなる。商いが薄い間は上値は限定的になりそうだ」(東洋証券・シニアストラテジストの児玉克彦氏)との指摘もあった。
 タイムテーブルでは、米国において4日にISM(供給管理協会)の非製造業景況指数、5日には8月の雇用統計を控えており「目先的に市場のボリュームアップは期待できない」(SMBCフレンド証券・投資情報部部長の中西文行氏)という。
 週末の戻りも「テクニカル的なリバウンドの域を出ていない」(大和証券の木野内氏)との声も出ており「当面の相場は値固めとなるのではないか」(日興コーディアル証券の西氏)とみる関係者が多い。
 <アノマリーで9月相場は鬼門、ラマダンにも注目>
 9月相場は証券市場にとって鬼門と言われている。東証再開以降の統計によると、日経平均の9月月間の騰落は25勝34敗と大きく負け越しており、アノマリーで見た場合、1年の中で最もパフォーマンスが悪い時期だ。
 また、9月1日から約1カ月はイスラム暦でラマダンとなる。日本株にオイルマネーの流入が顕著となった直近の3年、ラマダンの時期は「これらの資金を受託する欧州系の動きが鈍ると観測され、商いが減る傾向にある」(岡地証券の森氏)という。
 商いの盛り上がりに欠くため「主力株は手掛けにくい状態が続き、物色面では相対的に材料株が優位になりそうだ」(SMBCフレンド)といった指摘もある。 (ロイター日本語ニュース 水野 文也記者)

今週の見通し・株式 1万3000円挟んで一進一退 NIKKEI NETより
 今週(1―5日)の株式相場は方向感の乏しい展開か。内外景気や地政学リスクの高まりなど懸念要因が重なり、日本株も持ち高を一方向に傾けにくい。日経平均株価は心理的な節目とされる1万3000円をはさんで一進一退で推移する可能性が高い。薄商いを突いて株価指数先物に思惑的な売買が出れば、相場全体が大きく揺さぶられる場面もありそうだ。
 先週(8月25―29日)は日経平均が週間で406円(3.2%)高と3週ぶりに上昇した。
 シカゴ市場の日経平均先物の週末清算値は1万2910円と大証終値を150円下回る水準。1日は米株式市場が休場のため海外勢の押し目買いを期待しにくく、軟調にスタートする可能性が高い。
 政府が取りまとめた総合経済対策について、市場関係者の間では「焦点の定額減税の規模や対象者が固まらず相場の浮揚効果はひとまず限定的」(大和住銀投信投資顧問の小橋裕一氏)との見方がある。
  5日に集中する4―6月期の法人企業統計調査、8月の米雇用統計など重要な経済指標からも目が離せない。日本経済新聞社のまとめでは3月期企業の4―6月期決算(金融、新興三市場除く)は前年同期比16%の経常減益。中堅不動産・建設会社の経営破綻が相次ぎ内需関連株全般に見送りムードが強く、各種統計が景況感の悪化を示唆する内容となればさらに市場心理を冷やしかねない。
 東京証券取引所第一部では売買代金が活況の目安とされる3兆円の半分程度にとどまる日も目立ち、商いの薄さが相場の戻りを鈍らせる悪循環になっている。グルジア紛争のほか、タイでは反政府デモが起きるなど地政学リスクを警戒する声も高まっている。
 一方で内外景気や企業業績の悪化は「8月中旬までの株価下落局面である程度織り込んだ」(ドイツ証券の武者陵司副会長)との見方もある。原油市況と円相場が落ち着いて推移すれば、自動車や鉄鋼の主力銘柄に買い戻しが入り相場を下支えする公算がある。  [8月31日/日本経済新聞 朝刊]  (8/31 7:00)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
FX投資で勝つために欠かせない!勝ち続けるためのFX投資法
FXで勝ち続けるために予測は必要ありません。 ...続きを見る
@投資
2008/10/06 15:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今週の株式展望 (8/31版) ATI News Release/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる