ATI News Release

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の話題 (9/10版)

<<   作成日時 : 2008/09/10 00:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

相┃場┃格┃言┃ アセットアライブ・株式情報 【まぐまぐ無料版】
『二八の止まり』
格言と言うより、ジンクス・テクニックに近いが、空手の寸留めルールのようなものである。古くから使われ、実践しているベテランも多い。
例えば株価千円を目標に売り指し値を考える場合、キリの良い千円までねばりたいのが人情だ。そう考える人が多い限り、千円の売り指し値は当然多くなり、相当な買いエネルギーがないと売れずじまいに終わることもある。であれば、一歩手前の980円でも良しとしよう。逆に千円で買いたい銘柄は、他人も千円で買いたいに違いない。であれば、確実に買える1020円で買い指し値を用いよう。心理戦の中で生まれた経験則だろう。

日経平均先物、下げ幅一時300円超 戻りの鈍さや円上昇を嫌気 NIKKEI NETより
  9日後場の日経平均先物9月物は一段安。戻りの鈍さを嫌気した売りが出て、一時は前日の大引けと比べ320円安の1万2330円と下げ幅が300円を超え る場面があった。外国為替市場で円相場が1ドル=107円台前半まで上昇したことも売り材料視されたという。後場は9日の米株式市場の動向を見極めようと 商いが薄く、1件あたり200―400枚程度の売りが出ると下げ幅が広がりやすくなっている。〔NQN〕 (9/9 15:00)
日経平均大引け・反落――世界景気の先行き懸念根強く NIKKEI NETより
  9日の東京株式市場で日経平均株価は反落。終値は前日比223円81銭(1.77%)安の1万2400円65銭で、前日の上げ幅(412円高)の5割強を 打ち消した。前日の米株式相場は大幅に上昇したが、米政府系住宅公社への救済策は織り込み済みとして、1日を通じて前日に急伸した反動の売りが優勢だっ た。世界景気の先行き懸念が再び広がっているほか、円相場の上昇傾向やアジア株安も重しになり、主力株は総じて軟調な展開。後場には下げ幅を300円近く まで拡大する場面があった。東証1部の売買代金は概算で1兆9963億円(速報ベース)だった。〔NQN〕  (9/9 15:12)

想定より早い利食い、資源系の動きは注視 2008年 9月 9日(火) 11時34分 Yahoo!Financeより
 日経平均は反落。185.43円安の12439.03円(出来高概算7億9000万株)で前場の取引を終えている。ファニーメイとフレディマックの公的 管理下を評価した流れから、米国市場は予想通りNYダウが300ドル近い大幅高をみせたが、前日の400円高で織り込まれており、寄り付き段階から利益確 定の流れが優勢となった。また、金融主導で上昇する半面、ハイテクやエネルギー関連が冴えないこともあって、昨日リバウンドを強めていた商社などは弱い動 きをみせている。ただ、前場半ばにかけて12400円レベルまで下げた後は、一段安とはならずに12400円近辺でのこう着感の強い展開が続いている。セ クターでは昨日強い動きをみせていた金融関連や素材系が弱い半面、ゴム製品、電力ガス、医薬品が小じっかりで推移しており、前日の反動といったところであ る。東証1部の騰落銘柄は、値上りが351に対して値下がりが1236、変わらずが95と、値下がり数が全体の7割を占めている。個別では日経平均採用と なった大平金、日立建が堅調なほか、オリックスによる支援が伝えられたジョイントを刺激材料に新興不動産株のリバウンドが強まっている。
  想定より早い段階で利食いの流れが強まってしまっているが、メガバンクなどは前日にストップ高をつけていたことからみれば底堅さが目立つ。新興不動産の信 用不安後退による買戻しを意識させる動きも強まってきている。来週には米証券決算も控えていることから金融リスクに対する警戒感は燻るものの、押し目買い の動きは強そうである。一方、商社の弱さが目立っているが、OPEC総会を控えていることや、ハリケーン「アイク」の勢力が弱まっていることから原油相場 の上昇は期待しづらく、エネルギー関連は手掛けづらいところである。商社自体は売られ過ぎの状態であるが、原油相場の調整が強まるようだとヘッジファンド のクローズの流れが再び警戒され始める。クローズに伴うリバランスの流れでは、資源・素材系の売りに対してディフェンシブ系の買戻しといった流れが想定さ れるため、割安感が強いといっても手掛けづらくなろう。金融関連についても今晩の中古住宅指数なども控えており、NYダウも25日線レベルといったテクニ カルリバウンドの範囲内であることからみると、短期的なリバウンドはあっても上値追いの動きは出難い。(村瀬智一) 【株式会社フィスコ】
反落=前日急騰の反動と円高進行で―東京株式 2008年 9月 9日(火) 15時8分 Yahoo!Financeより
 9日の東京株式市場は、前日の米住宅金融会社救済策発表に伴う急騰の反動に加え、円高の進行で輸出株中心に売られ、日経平均株価は前日比223円81銭安の1万2400円65銭と反落した。出来高は17億8550万株。
 東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、同24.82ポイント安の1191.59で終了した。(了)

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ファニーメイ
米ファニーメイとフレディマックの目標株価引き下げ=フリードマン ロイターまた、... ...続きを見る
つよし日記
2008/09/10 19:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の話題 (9/10版) ATI News Release/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる